オンラインレッスンでワーホリ成功 カナダ

(カナダ)ワーキングホリデーで英語を学ぶならカナダへ

きれいな英語を学びたいならカナダがオススメ

私はワーキングホリデーで2年間カナダのモントリオール州に語学を勉強しにいきました。
英語と一口にいっても、アメリカなまりの英語もあれば、イギリスなまりの英語もあり
日本語に関西弁や標準語等色々な種類があるのと同じで、英語も種類があります。

 

カナダは実は英語圏でも英語がきれいな所で、ネイティブの人からするとちょっとカナダなまりの発音だね。

 

と思われうこともあるかもしれませんが、そこまでなまりすぎてという事は無いので、はじめに学ぶには非常にオススメです。

 

また、現地で勉強する為に語学学校に通ったのですが、実はアジア圏の人々もかなり多く来ているエリアでした。

 

中国はもちろん韓国の人も多くきており、日本にいると実感が無いのが我々はアジア人だと言うことです。

 

例えば食べ物もやはり、ピザやハンバーガーが毎日続く食事よりも中国料理や韓国料理を食べたくなる。もちろん日本食が恋しくなる事もあります。

 

海外に出ると、アジア人というだけでどこか親近感が沸いてなかよくなるものです。
そんな身近に感じれる人種の人たちも多くきている国でもあるのでカナダはそういう点でもおすすめの国です。

 

 本当に勉強したければ日本人の知り合いは作らない

 

カナダ ワーキングホリデー

よく語学留学する時に陥りやすいのが、話を出来る環境にないので日本人と仲良くなって一緒にいることです。

 

英語が話せないうちはやはり日本語が通じるというだけでとても心の拠り所になり、一緒にいて楽しく過ごせます。

 

日本人を見つけたらすぐに仲良くなってしまう気持ちもわかりますが、語学留学という事で来ているのでしたら日本人の友達を作らない事がオススメです。四六時中英語の環境にいる事によって英語を話せる事になりますしやはりどこか日本人がいると甘えてしまう所がありますので、ここは心を鬼にして現地の人とだけ仲良くなりましょう。

 

とはいえ、英語が上達するのは、友達がを選ぶことではありません。
やっぱり努力して英語を話せるようになろうという事がとても大切だと思います。

 

語学学校にいけば同じ年代の人もいると思いますし、同じレベルで英語を学んでいる人も多くいると思います。

 

そんな友達とは切磋琢磨してお互い支え合い仲良くなり、ネイティブの人といつも一緒にいることで自分も自然と英語を話せるようになっていくのです。本格的に話せるようになるには2年は海外にいないといけないという声もあるくらいですから、そこを一つの目安にしてはいかがでしょうか。